2014年12月26日金曜日

青森県立三沢航空科学館

 (いま)から80年以上(ねんいじょう)も前(まえ)に、三沢市(みさわし)からアメリカのワシントン州(しゅう)まで、途中(とちゅう)で着陸(ちゃくりく)することなく、ミス・ビードル号(ごう)が世界(せかい)で初(はじ)めて太平洋(たいへいよう)を横断(おうだん)しました。これは当時(とうじ)、すごい世界記録(せかいきろく)となりました。
 このように歴史的(れきしてき)にも航空(こうくう)に縁の深(えんのふか)い青森県が「科学(かがく)する心」「感動(かんどう)する心」「挑戦(ちょうせん)する心」を育(はぐく)む施設(しせつ)として建(た)てたのが、青森県立三沢航空科学館です。

フライトシュミレーター

 (ひろ)い館内(かんない)には数(かぞ)えきれないほどの体験(たいけん)や実験設備(じっけんせつび)があります。たとえば飛行機(ひこうき)の操縦(そうじゅう)が体験(たいけん)できるフライトシミュレーターで無事(ぶじ)着陸(ちゃくりく)できた時(とき)の感激(かんげき)はたまりませんし、6人乗(にんの)りのカプセルに乗(の)って、空気(くうき)の圧力(あつりょく)で8mの高(たか)さを浮(う)いたり落(お)ちたりが体験(たいけん)できるプローブⅣなど、ひとつひとつ体験(たいけん)していくと楽(たの)しくて時間(じかん)を忘(わす)れてしまいます。
  

プローブⅣ
季節(きせつ)ごとのイベントもたくさんあり、お得(とく)な年間(ねんかん)パスポートを使(つか)ったリピーターも増(ふ)えています。

 青森県にゆかりの深(ふか)い航空機(こうくうき)や航空史(こうくうし)を紹介(しょうかい)する展示(てんじ)もすばらしく、ここで学(まな)んで、「大空(おおぞら)ひろば」にある飛行機(ひこうき)に乗(の)って機内(きない)を観察(かんさつ)すれば、きみも飛行機博士(ひこうきはかせ)になれることまちがいなし!
ホームページはこちら! → http://www.kokukagaku.jp/


入場料:一般510円 高校生300円 中学生以下無料
*みんなのカレッジ手帳をご紹介*
開館時間:9:0017:00 (入場は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
    1230日~翌年11
033-0022青森県三沢市大字三沢字北山158
電話/0176-50-7777

FAX0176-50-7559



青森県立航空科学館で科学実験を体験した、三沢市の新堂希実ちゃん(小2)が、書いてくれた感想ですみんなの感想も待ってます!